Psoriasis diary

This blog is a blog that wrote my own thoughts if I think that the writer during psoriasis vulgaris treatment will be helpful. It is not related to pharmaceutical companies, medical institutions, pharmaceutical institutions. It is a record of symptom impr

医師の引き際

f:id:otezla:20190416142515j:plain

前、乾癬の主治医が、退職して、二週間

病院のホームページからも消え、その医師の乾癬の記事も消えた

もともと、この医師に辿りついたのは、父の大学時代の親友であった皮膚科医の紹介で、もともとは大学病院の皮膚科にいらした

 

連絡を取った時には、もうその大学病院はとっくに定年をして、大きな病院に勤務したのち、ご自宅の近くの皮膚科でアドバイザーとして、月1回で勤務されていた

それまで、いろいろな皮膚科にかかり、そこからの紹介状で、某大学病院の皮膚科にかかるも、症状が改善されず、どうしようもなくなり、父に友人に電話してもらったという経緯

その父の友人の医師の紹介で、直接、電話をしてもらい、前主治医に辿りついたという次第

 

その医師(父の友人)は、学会誌(日本国外も含む)などに、乾癬の記事が掲載されると必ず送付してくれ、度々、直接電話を頂いていた

 

無償のセカンドオピニオンを持っていたような感じで治療に当たってもらっていた

父よりも早く、その先生は先立たれ、皮膚科は、難しかったなあ!と最後に仰っていたのが記憶に残っている

 

 

天候不順、、、痒みも不規則 !

f:id:otezla:20190412143452j:plain

 

ずっと、乾癬と戦うようになってから、この暖かくなったり寒くなる時期は、身体の

いろんなバランスが崩れるのか、湿疹も周期が変な感じで繰り返す。

結局、10年以上、治療してきて答えは出なかったな!と

 

ただ、自然治癒していた時期があって、所用でハワイの奥地(ワイキキなどの観光地周辺ではない)に長期で居た時に、朝晩必ず雨が降って、その後、爽やかな風が吹いて、テラスで仕事する

そんな時期は、湿疹らしきものさえ出現しなかった

 

現代病だ!といったら乱暴な言い方だろうか???

 

メンタルとQOL

f:id:otezla:20190410202801j:plain

 

皮膚科の病院を転院して、以前の主治医が、10年以上だっただけに、新規に通う病院で、たくさん検査をして戻ってきて、何とも寝れなくて食欲がなくなってしまった。

 

今年の2月にPMDAの勧めで、ケアセンター入院をしていたのだが、また不安感が出てきて、メンタル系の主治医と話をしました。

 

EICUの思い出(悪い)から、やっぱり抜け出てなくて、新しい先生と馴染むまでは、仕方のないことであるし、メンタルケアの入院は制度として、一度PMDAに認定されてしまえば申請すれば可能なので、メンタル的に辛いようなら、またケア入院をすれば良いだけだから、、、と言っていただいて、少し心が楽になりました

 

もちろん、乾癬治療は、まだまだ続くと思うし、QOLは少しでも良くして行きたい!

 

もう少し、気持ちを落ち着かせて、治療にのぞみます。



 

4月から、、、

f:id:otezla:20190409093536j:plain

 

皮膚科でずっと、約10年間担当していたドクターが異動になったので、病院を変わることになりました。

皮膚科は、同じ学会で信頼しているという医師に

呼吸器内科だけ、今までの病院に残しておくのは大変だろうと言うことで、呼吸器内科は、近隣の救急救命でお世話になっていた病院に紹介状を書いてもらいました

 

呼吸器の方は、4月早々に初めての通院をしましたが、呼吸困難で運ばれた病院で、外来棟では、何もトラブルは、起きなかったのですが、検査棟では、フラッシュバックが起きて具合が悪くなってしまいました

 

昨日は、皮膚科の方の新しい担当の医師の元へ

かつてその病院の近くに住んでいたので、特に違和感なく病院に行けました

皮膚科のドクターと話しをしたところ、呼吸器内科も同じ病院でないと不都合が生じる

(皮膚科の症状と呼吸器の症状が連動している)という見解で、そちらの病院宛に改めて、紹介状を書いて頂き、皮膚科の担当医から、呼吸器内科の医師を決めて頂き、その医師に診ていただくことになりました

 

昨日は、ひたすら検査で、少し遅めの帰宅となりました

 

今後は、昨日の検査結果を踏まえて、入院を挟みながら、新しい治療計画を立てて行くこととなりました

 

また、進展があったら、ブログ更新をして行きます

 

肺炎

f:id:otezla:20190319172840j:plain

ずっと具合が悪かったのですが、今日、また息が苦しくなり、救急車で、病院へ!

CTの結果、通常肺炎とは違う肺炎の症状の画像になっていて、要検査となりました

ルミセフ は、もう使っていないのですが、どうなることやら、、、

最近、病院生活がどんどん長くなっている気がします。