読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

otezla’s diary

This blog is a blog that wrote my own thoughts if I think that the writer during psoriasis vulgaris treatment will be helpful. It is not related to pharmaceutical companies, medical institutions, pharmaceutical institutions. It is a record of symptom impr

ほぼ脱皮完了!

f:id:otezla:20170527080414j:plain

 

ほぼ、全身の脱皮が終了し、皮疹は消えました。

 

ルミセフの効果はまだわかりません。

 

f:id:otezla:20170527080600j:plain

 

痒みよりも足のむくみがひどくて寝ていられません!

 

これが治るとだいぶ良いかも?

 

 

ルミセフの違い!

f:id:otezla:20170526094425p:plain

 

ヒュミラ、オテズラと違うところは効き方が優しいところ。

 

f:id:otezla:20170526094634p:plain

 

どっちも初回は頭痛を伴ったが、今回は何もなく静かに効いて来ている感じ。

 

針を刺した時の痛みもほとんどない。

 

かえって、採血の方が痛いくらい。

 

f:id:otezla:20170526094850j:plain

 

マーデュオックスも、ドポベッドより、サラサラしていて気持ちが良い。

 

まあ、効果が出るまでそれなりに時間はかかるでしょうが、、、。

 

ルミセフ、治療法。

f:id:otezla:20170525192909j:plain

 

ルミセフに移行して、3日目。

 

オテズラのように劇的な変化は、ありませんが、皮膚は一枚剥けて、湿疹はなくなりました。

 

今は、やっている治療を備忘録として残しておきます。

 

朝、起床とともに、親水クリームを全身に塗ります。

 

1時間くらいしてから、シャワーを浴び、やわらくなった皮を軽く落とします。

 

皮膚が敏感になっているので、限りなくぬるめのお湯で。

 

入浴後、皮膚の状態を見て、プロペトとマーデュオックスを塗り分けます。

 

それを夕方にも同じように、、、。

 

皮の剥けめの界は痛い(特に手)ので、ビーソフテンとヒルドイドヒルドイドクリームで保護。

 

今は、下半身が、パンパンにむくんで車椅子生活を送っています。

 

仕事上、五月末期限の書類が多くて、ベッドをV字にして、PC作業しております。

ルミセフの効果。

f:id:otezla:20170525080147j:plain

 

ルミセフの効果待ち中!

 

そろそろ、今日の夕方くらいからは出てくるみたいですが、、、。

 

オテズラ使っている人は、早めに辞めましょう!

 

効果ないですから、、、。

f:id:otezla:20170525080459j:plain

その後、経過、、、

f:id:otezla:20170524111138j:plain

 

オテズラ錠服用中止の指示が出てから、22日め。

 

起きたこと。

離脱症状=乾癬が一気に進み、膿疱性乾癬になり、40度前後の熱が続いています。

今も病院入院中。

 

治療計画=ルミセフ導入が決まり、昨日、第一回目が。

退院は、早くて7月予定。

高熱が続き、これを書くのもしんどいのでまた。

 

f:id:otezla:20170524111054j:plain

その後!

f:id:otezla:20170518063247j:plain

 

オテズラ服用中止して、2週間半。

 

もちろん、入院しています。

 

尋常性乾癬から、膿疱性乾癬になり、さらに症状が悪化。

 

H1 H2のダブルブロックで痒みを抑えていますが、痒みは激しい。

 

マーデュオックス(ドボベットより効果あり!)を塗りながら凌いでおります。

 

5月はもとより、6月中の退院は、まず無理と伺ってます。

 

いつまで、病院生活が続くのやら、、、。

 

新薬の導入は、生理検査が出来て、入院管理のできる病院で始めることをオススメします。

 

発疹の出たり、引いたりも激しく、痒みも伴うので、必ず個室を選択しましょう。

 

いま入っている病院は、医学書図書室、医学データベースにアクセス可能なPCが設置されているので、自分なりに病気のことに理解を深めることができる。

 

だいたい、病院で、WiFiが飛んでないとしたら、時代遅れの病院だと考えて良いと思います。患者にも知る権利はあるのだから、、、。

事の顛末!

f:id:otezla:20170509214526j:plain

 

 結局、しばらく入院加療することになりました、、、、。