Psoriasis diary

This blog is a blog that wrote my own thoughts if I think that the writer during psoriasis vulgaris treatment will be helpful. It is not related to pharmaceutical companies, medical institutions, pharmaceutical institutions. It is a record of symptom impr

ルミセフの限界と転院

ルミセフの効果が薄れてきていて、頭皮や背中、臀部に発疹が出てきている。

 

外用ステロイドと併用を開始するけど、もはやこの病院で出来ることはここまでという結果。

 

f:id:otezla:20171018140702j:plain

 

あとは、転院か、もう一つ先のステップか、、、。

 

再発って気分の良いものではないですね、、、。

ルミセフ、11 !

f:id:otezla:20170928185628j:plain

症状は、安定しているものの、細かい乾癬は発生してます。

マーディオックスとデルモベート スカルプローションで対応しています。

ルミセフの2本打ちは出来ないので、今後の処置について、主治医の預かり事項になっています。

 

また、何か新しい情報が出てきたら、ブログに書きます。

自己注射!

f:id:otezla:20170916192703j:plain

自己注射がスタート。

ある意味、自己管理の部分が発生してくるので、チェックシートを作って管理。

 

特にダウンロードできるようなものも、ルミセフにはなかったので、iPadで管理をすることに。

ルミセフ、自己注射開始!

f:id:otezla:20170913164246j:plain

 

本日より、ルミセフ自己注射開始です。

 

6本まとめて打つのではなく、処方の本数が6本までなので、6本処方です。

 

ルミセフ使用者がかなり増えてきたようなので、何か変化がない限り、このまま継続していきます。

 

かかりつけ薬剤師!

ルミセフ自己注射開始にあたり、かかりつけ薬剤師制度に登録をした。

 

詳しくはリンクを。

www.nichiyaku.or.jp

 

ヒュミラの例もあるし、専任の方を決めておいた方が良いという判断からそうした。

こちらからの一方的な情報提供ではなく、薬剤師側からも様々な情報提供がなされる。

新薬にチャレンジする場合は、登録しておいて損はないと思う。

 

ただし、薬剤師なら誰でも良いというわけではなく、大きな調剤薬局ならば、複数の薬剤師の中から選ぶことができるし、小さな調剤薬局ならば、他の調剤薬局も回ってみた方が良い。

 

お薬手帳というものが一般化されたが、病状の変化などは記載されてない。

そこを補ってくれる。または病院の診療時間外のフォローをしてくれる、そんな存在だと思う。

コムクロシャンプーを使ってみて

f:id:otezla:20170906142147j:plain

 

頭皮に乾癬が出てきたので、コムクロシャンプーを使っている。

 

15分の放置というのが、簡単そうだが、なかなか難しい。

入院時ならともかく、日常生活で、15分という時間は短くもあり、長くもある。

 

カップラーメンの3分が長く感じる時があるように、頭皮につけて、垂れてこないように注意しながら、15分というのは難しい。確かに、浸透性も良く効果は感じられるけれど、服を着たまま、頭皮にシャンプーをつけると脱ぐ時に、衣服にシャンプーがつく。

 

まだ、暖かいので、上半身裸で、シャンプーをつけ放置していますが、、、。

 

多分、コムクロシャンプーもまだ使用者が少ないので妙案はないと思いますが。

 

ルミセフは、処方される患者さんの数も増えてきていて、効果も良質で、QOLの改善がされているという情報を頂いています。

コムクロシャンプー!

f:id:otezla:20170902142256j:plain

コムクロシャンプーが処方されていて、15分塗り込んでから洗うというのは理解しました。シャンプーとしての機能があるのも、、、。

 

でも、実際、シャンプーとしては、自然な泡立ちというより、シャボン玉を作っているような泡立ちかたで、すすぎ時間もかなりかかります。

 

乾癬の症状的には効果があります。

 

しかし、洗い上がりの爽快感は、ほとんどありません。

 

結局は、通常のシャンプーを使って再度洗い、コンディショナーで整えるということにしました。

シャンプー前の放置というのは、以前、親水軟膏でやっていた行為で、特に抵抗はありません。

 

ただ、アンテベートのベタベタ感から解放されたというのは大きいです。

特に自宅ではメガネを使っているので、つるの部分が溶けてきてしまっていたので、

それが避けられるというのは大きいです。