Psoriasis diary

This blog is a blog that wrote my own thoughts if I think that the writer during psoriasis vulgaris treatment will be helpful. It is not related to pharmaceutical companies, medical institutions, pharmaceutical institutions. It is a record of symptom impr

体力、相当落ちました!

f:id:otezla:20170624154335j:plain

f:id:otezla:20170624154352j:plain

 

1ヶ月以上、入院して、高熱も続き、自分で思っていた以上に、体力が落ちてました。

 

教訓というか、退院後、普通の生活に戻れる!と思っていたのは過信でした。

 

 

少し大人しくしていたいと思います。

梅雨性喘息?ならば、梅雨のないところに、、、

f:id:otezla:20170623052644j:plain

 

入院前から、用事があって行かなければならないところに行くことにしました。

 

気温は高くなってきていますが、雨の予報は出ていません。

 

仕事もありますが、それ以外の大事な打ち合わせもあるので、10日ほど、日本を空けます。

 

I will go to NYU on the content of streaming lessons.

速報!

f:id:otezla:20170622132917j:plain

 

ヒュミラで、生まれて初めて喘息になったわたしですが、生物学的製剤の利用は、喘息を含めた呼吸器疾患を引き起こす可能性が高い!とバイオ研究のチームから報告があったそうです。

 

病院、系列によるかと思いますが、バイオ製剤導入にあたっては、呼吸器科併設の機関での使用が望ましいという喚起がなされるようです。

 

お知らせが急遽ありましたので、ブログにて報告させていただきました。

気持ちが楽!快適。

f:id:otezla:20170622074943j:plain

 

昨日は、不安が解消されたせいかぐっすり眠ることができました。

 

そして、治ったら、次のSTEPに進もうと思っていたことをすることにしました。

 

こんなにも気分も心も快適になるんですね!

通院!

f:id:otezla:20170621223605j:plain

 

更新、遅くなりました。いろいろ検査があったり、入院していた病棟の看護師や患者さんにお礼&お見舞いの品を渡しに行ったりしていて、家に帰ってくるのが、遅くなりました。

 

諸々の検査結果は異常なし。皮膚は正常で、軟膏等も全て中止。いたって順調な経過です。

皮膚科治療のクスリは、ルミセフだけに絞って継続していくことになりました。

 

同時期に入院して、軟膏処置だけを行なっていた方達は、今も入院していまして、

いろいろとお話もさせていただきました。

 

乾癬の患者さんが皆、生物学的製剤を使用できる訳ではありませんので、わたしが入院中、膿疱性乾癬になって個室に移ったり、呼吸が不安定になって夜中にベッドに医師が駆けつけた事実を知っている同期?の患者さんからは綺麗になった皮膚を見て、ビックリされていました。

 

医療的には、市販治験のレポートは今後も書き続けていきますが、ブログは症状が改善され、通常の皮膚に戻ったということで、毎日継続して書く必要もないかな?と思っております。

 

気まぐれで更新するかもしれませんが、、、。

 

たくさんの方に読んでいただき感謝しております。

明日は、通院日!

強い雨という予報が気になりますが、明日は退院後、初の通院日です。

 

f:id:otezla:20170620200945j:plain

 

また、ルミセフの4回目の注射日になります。

 

今日は、特に日記に書くような特記事項がありませんので、明日の診察が終わり夜にでもまたアップします。

ルミセフについて

f:id:otezla:20170619200731j:plain

f:id:otezla:20170619200755p:plain

 

他にも、ルミセフブログを書いていらっしゃる方がいます。

同じことを書いても意味がないので、他のクスリとの比較を書きます。

 

ヒュミラX、オテズラX、と来て、ルミセフに辿りついたので、まずはヒュミラとの比較を書きます。

 

ヒュミラは、まず、注射を打たれる立場からするとかなり痛いです。子供だったら、絶対に泣いてしまうレベル。

ルミセフは痛みはほとんどありません。

 

効果の出方。

ヒュミラは、少し倦怠感はあるものの徐々に効きだす感じ。

ルミセフは、まず身体中に、乾燥が拡がります。目や唇の乾きは、正直ちょっと辛いです。プロペトやヒルドイド、目薬等で乾燥を防ぎながら、効いていきます。

 

もし、あなたが、ルミセフを打つという選択をしたならば、皮膚科の薬だけでなく、

目薬、唇の乾き(市販のリップクリームを塗るくらいなら、プロペドを塗った方が良いと思います。)を抑える薬を処方してもらうのを忘れずに。

 

はじめの3週間は、毎週注射するわけですが、できれば入院治療をお勧めします。

私個人も、市販治験のレポートを書いているくらいですので、日々色々と起こります。

ニキビのような湿疹ができたり、黄色の膿をもった湿疹ができたり、イボみたいなのが出て来たり、、、。

 

日本発の薬なので、まだ、どう対応していくのかデータが揃っていないのもあると思いますが、、、。

 

全身の写真は掲載しませんが、いったいどこに湿疹があったの?って思えるくらい、今は綺麗です。今まさにこのブログを打ちながら撮った手の写真です。

 

f:id:otezla:20170619203336j:plain

 

確実に効いている感があります。