Psoriasis diary

This blog is a blog that wrote my own thoughts if I think that the writer during psoriasis vulgaris treatment will be helpful. It is not related to pharmaceutical companies, medical institutions, pharmaceutical institutions. It is a record of symptom impr

病院に行きました!

最近は、定期通院になり、病院に行く数も減っていたのですが、血中酸素の値が高くても 91 くらいの日が続き、湿疹も繰り返しでたり引っ込んだりしていて、さすがに調子が良くなく病院に行きました。 乾癬は、マーディオックスの追加を行い、呼吸器内科は、プ…

呼吸不全の慢性化

間違いなく、皮膚科のクスリの投与が続いてから、息苦しい時が増え、パルスオキシオンメーターも購入しましたが、80代の数字が出るのが当たり前になって来ました。 抵抗力を下げることが、乾癬治療だと認識はしていますが、度々息が出来なくなるのは困ります…

内服か注射か軟膏か?

乾癬の治療法としては、内服か、注射か、軟膏か、もしくは光線療法か? この辺りが検討されると思います。 光線療法は比較的効果がありました。 ただ、いくらナローバンドUVBとは言え、頭にも乾癬があったので、全身に照射していましたが、髪へのダメージは…

PMDA 特定検査

ルミセフ以外の薬に原因がないか?と他の薬のテストを行うことになりました。

ルミセフ。独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 医師ヒヤリング開始

先日のブログで、ルミセフの薬害について、PMDAが審議入りしたとの報告を致しましたが、いよいよ処方した病院の医師、薬剤師、処置した病院の医師、薬剤師への聞き取り調査が開始します。 個人情報保護法と、独立行政法人医薬品医療機器総合機構 法律第百九…

利活用!審査!

審査開始が始まるとこういう書面が送られて来ます。 審査期間は長いです。

入院から、1年を過ぎました。

昨年、5月11日から皮膚科病棟に入院して、丸1年。 去年は、オテズラで乾癬の副作用が発症し、痒みが酷くて全く眠れず、経過観察入院だったのが、膿疱性乾癬になってしまい、思いの他入院が長引きました。 身体中軟膏で、私服の着用も出来ずに、病院のレンタ…

乾癬の現状

昨年、この時期に、オテズラの副作用で、乾癬が悪化し、のたうち回る痒みでどうしようもなかったことを考えると、かなりゆったりとしてお休みを過ごせています。 現状はネオーラルと痒み止めだけで対応しており、特段副作用らしきものもなく、ほぼ快適な日々…

Pmda審議

審査手続きが終了し、審議開始通知が届きました。 審議却下ということは無いようです。

もうすぐ1年!

オテズラの服用開始から開始したこのブログももうすぐ一年になります。 意外に多くの方に読まれているなあ!というのが素直な感想です。 乾癬って人には言いにくい病気なのかも知れません。 それと、乾癬の専門医が少ないというのも影響があるのかも知れませ…

新薬認可待ち!

乾癬にアプローチする、IL-23の新薬が開発され、各国で認可が始まっています。 日本では、もう少しかかる見込みです。 使用開始したら、レポートを書きます。 IL-23については、こちらの記事を参照してください。 www.natureasia.com

右肺の様子

救急搬送時の肺のレントゲン写真を頂きましたので、掲載致します。 参考: http://citec.kenkyuukai.jp/special/index.asp?id=25698

薬事被害

薬剤の副作用の確定というのは、100%の確証が必要なので、再投与を開始し、同じ症状を再現させるという事を行わないといけません。 上記の例は、ルミセフの例ではありませんが、それをしなければ、結局最高裁まで争うという心構えが必要になります。 基本、…

ビデオ!

www.youtube.com

乾癬の主治医!

調剤薬局の担当と話をしていて、最近乾癬が酷くなった患者さんがいるのだけれど、 いいドクターが見つからなくて困っているという話を聞きました。(薬剤師さんにも相談されました。) 正直、自分自身も今の病院にかかって、8年になりますが、ここの病院に落…

ブログにそのまま書けないこともあります!

病院等の医療機関名、ドクター名はこのブログでは伏せています。 ただ、ドクターの名誉のために付け加えておくならば、主治医に侍医のドクターが含まれていること。 つまり、充分に吟味され、その上で治療計画が行われている状況で起こった出来事を綴ってい…

その後、、、

更新が途絶えています。 皆様に、気にかけて頂いておりますが、大きな前進はなく、現状維持です。 変化があれば更新します。 薬に振り回されることのない年でありたいと思っています。

Happy Holidays!

病院、協和発酵キリン、PMDAを中心にルミセフの検証作業が進んでいます。 薬剤添付文書の表現は随分変化しましたね。 また、何か変化があれば書き込みます。

薬剤協議会(?)

水曜日、13日に今回の薬害についての協議会?検討会?が行われると連絡がきました。 患者本人の立会いはありませんが、、、。 日本最高峰の医師らが参加して行われるようです。成り行きを見守りたいと思います。

SPO2(動脈血酸素飽和度)きついよ、、、

SPO2ってなかなか耳にしない言葉ですよね?パルスオキシオンメーターも馴染みが薄いかな??? ちなみにこれは、手元にあるメーターの数字ですが、健常体なら、100-97と言われています。薬剤被害で、右肺不良になっているので、こんな数字が出ます。 大きく…

副作用救済被害(PMDA)について!薬事性肺炎

副作用被害として発生した、薬剤性肺炎と認められると写真のような文書をもとに 所定の手続きに入ります。 皮膚科だけでなく、呼吸器内科の検証も重要です。 本日すでに、病院の担当者と相談し手続きに入りました。 PMDAのホームページにも詳しく書いてあり…

協和発酵キリンカスタマーセンターの対応の稚拙さ!

www.kyowa-kirin.co.jp 薬剤性肺炎とルミセフが診断され、協和発酵キリンのお客さまセンターに連絡した。 当初、担当していた一次(男性)対応者は、「私は、メッセンジャーですので、詳しくはわかりません。」「私は薬害にあったことがあったことがないので…

11/28 生きてて良かった!ルミセフ薬剤性肺炎発症!

11/6から呼吸が苦しい状態が続き、熱がどんどん上がってきた。 7日の深夜に意識も遠のく状態で、喘息では無い!と確信した。 8日未明、救急車を手配し、通常の通院先の病院まで、命が持たないと感じたので、 近隣の救急救命センターとして有名な病院に運ばれ…

乾癬軟膏落とし、、、

ステロイド系の特に、ドボベッドやマーディオックスなど、患部以外に付着するとなかなか落ちません。 以前も書きましたが、その時、瞬時に落ちて、手荒れもないのが、こちらのピュレル。 台が別売りであるのはご愛嬌ですが、これはとっても重宝しています。 …

湿疹小休止!

季節的に、乾癬が出やすい時期であると担当医から指摘があったように、常にどこかに当たっている、臀部と背中の一部を除いて湿疹は引きました。 マーディオックスとビタミン剤(錠剤)だけで対応しています。 ルミセフは継続中です。

落ち着いてきました!

外用薬を集中して塗り、乾癬は安定しつつあります。 入院生活並の朝晩のシャワー、軟膏塗りを継続しています。 明日は、ルミセフの注射です。

ルミセフの限界と転院

ルミセフの効果が薄れてきていて、頭皮や背中、臀部に発疹が出てきている。 外用ステロイドと併用を開始するけど、もはやこの病院で出来ることはここまでという結果。 あとは、転院か、もう一つ先のステップか、、、。 再発って気分の良いものではないですね…

ルミセフ、11 !

症状は、安定しているものの、細かい乾癬は発生してます。 マーディオックスとデルモベート スカルプローションで対応しています。 ルミセフの2本打ちは出来ないので、今後の処置について、主治医の預かり事項になっています。 また、何か新しい情報が出てき…

自己注射!

自己注射がスタート。 ある意味、自己管理の部分が発生してくるので、チェックシートを作って管理。 特にダウンロードできるようなものも、ルミセフにはなかったので、iPadで管理をすることに。

ルミセフ、自己注射開始!

本日より、ルミセフ自己注射開始です。 6本まとめて打つのではなく、処方の本数が6本までなので、6本処方です。 ルミセフ使用者がかなり増えてきたようなので、何か変化がない限り、このまま継続していきます。