Psoriasis diary

This blog is a blog that wrote my own thoughts if I think that the writer during psoriasis vulgaris treatment will be helpful. It is not related to pharmaceutical companies, medical institutions, pharmaceutical institutions. It is a record of symptom impr

協和発酵キリンカスタマーセンターの対応の稚拙さ!

www.kyowa-kirin.co.jp

 

薬剤性肺炎とルミセフが診断され、協和発酵キリンのお客さまセンターに連絡した。

当初、担当していた一次(男性)対応者は、「私は、メッセンジャーですので、詳しくはわかりません。」「私は薬害にあったことがあったことがないので、どのような感じか察し兼ねます。」など、死線を彷徨うような状態にあった患者にかける言葉とは思えない稚拙な対応で、全然ことが進まなかった。

 

業を煮やし、協和発酵キリン株式会社メディカルフェアーズ部メディカルインフォメーション室の室長 島村賢二 氏と話をしてやっと一連の話が伝わった。

薬剤メーカーとして、コンプライアンス的にこの室長以外、まともな会話が成り立つコールセンター員がいない。

大手薬剤メーカーとしてこんな体制で良いのだろうか?

 

ここのサイトは尋常性乾癬の患者さん、医師の多くの方に閲覧頂いています。

 

もし、ルミセフ等で緊急事態が発生し、協和発酵キリンのコールセンターに電話することがあったら、迷わず、「島村賢二室長」を呼び出してください。

 

それ以外のSTAFFは、通行人レベル以下の対応しかできないということ。時に、命に関わることなので、そういう方と話をしても何の解決にもなりません。

肝に命じておいてください。

 

これは、絶対に守らないと死に至る場合があります。重要なことです。

 

f:id:otezla:20171205121745j:plain