Psoriasis diary

This blog is a blog that wrote my own thoughts if I think that the writer during psoriasis vulgaris treatment will be helpful. It is not related to pharmaceutical companies, medical institutions, pharmaceutical institutions. It is a record of symptom impr

副作用救済被害(PMDA)について!薬事性肺炎

f:id:otezla:20171206211442j:plain

 

副作用被害として発生した、薬剤性肺炎と認められると写真のような文書をもとに

所定の手続きに入ります。

皮膚科だけでなく、呼吸器内科の検証も重要です。

本日すでに、病院の担当者と相談し手続きに入りました。

PMDAのホームページにも詳しく書いてありますが、治療費(医療費)とともに、医療手当という、わかりやすく言えば見舞金のようなものも支給されます。

 

これは公的な副作用救済という制度で、ルミセフを使用したことにより、薬事性肺炎が起こり、死に至る可能性があったという事実に基づくものです。

 

改めて、救急搬送時のレントゲン、CTデータを見ましたが、急激な症状悪化と、まるでフォトショップで塗りつぶしたかのような、真っ白な自分の肺の画像を見たときは良く生きて戻ってきたものだ!と心から思いました。

 

こちらの進捗状況は随時更新して行きます。

 

改めて、ルミセフによる薬事性肺炎(死亡直前)が起こったという事実は確認されましたので、ルミセフを使用されている方、今後使用予定としている方は、協和発酵キリのパンレットのベネフィットの部分のみを鵜呑みにせず、ルミセフを使用することによって、命の危険が起きることもあるということを覚悟して、自己責任において検討してください。

 

なお、発売元の協和発酵キリンからは、今日現在、何も公式な文書は届いておりません。こちらも進捗がありましたら、随時更新して行きます。