Psoriasis diary

This blog is a blog that wrote my own thoughts if I think that the writer during psoriasis vulgaris treatment will be helpful. It is not related to pharmaceutical companies, medical institutions, pharmaceutical institutions. It is a record of symptom impr

呼吸不全の慢性化

f:id:otezla:20180624120038j:plain

 

間違いなく、皮膚科のクスリの投与が続いてから、息苦しい時が増え、パルスオキシオンメーターも購入しましたが、80代の数字が出るのが当たり前になって来ました。

 

抵抗力を下げることが、乾癬治療だと認識はしていますが、度々息が出来なくなるのは困ります。

乾癬は患者のQOLを下げるが、死には直結しないと言うのは、今は間違いで、投薬によって死に至らしめることがある病気と言う認識を持って生活をして行くべきではないでしょうか?

 

この呼吸困難の状態がいつ起こるか予想がつかないので、外出も危険だし、QOLは著しく下がりました。

 

現在も調査中ですが、ルミセフ=呼吸不全と言う公式が確立されれば良いのですが、

こちらは、PMDAの結果次第と言うことになります。

 

生物学製剤は、時として死に至ることもあると言う認識をもち、医師側もそのあたりを充分に説明すべきです。

最近、乾癬サイトで、生物学的製剤を勧めているサイトが多く存在しますが、その医師が身を持って治験している訳ではないことを承知しておいてください。

 

そして、最寄りの消防に倒れた時はどこに運ぶか?をわかるようにしておくことも大事だと思います。