Psoriasis diary

This blog is a blog that wrote my own thoughts if I think that the writer during psoriasis vulgaris treatment will be helpful. It is not related to pharmaceutical companies, medical institutions, pharmaceutical institutions. It is a record of symptom impr

薬事被害、PTSDと向き合う

f:id:otezla:20190104122159j:plain

明けましておめでとうございます

 

ついに、このブログも3年目を迎えることとなりました。

オテズラ投薬→乾癬悪化入院→膿疱性乾癬→ルミセフ投薬 →呼吸不全・救急入院・救命センター処置→PMDA申請→PMDA認可

と流れて来ました

 

昨年末に、PMDAの薬事被害メンタルケア担当と話をさせて頂きました。

また、その話し合いの後、国立病院機構の精神医療の医師とも話をさせて頂きました。

EICUに数日以上、入院した場合、PTSD等のメンタルに障害が発生するケースが多いそうです

 

結果、PMDAのメンタル回復プログラムを用いて、精神的治療を並行して行うということになりました

来週にでも、国立病院機構の医師を訪問して、回復プログラムの概要について話を伺って来ます。

 

思い返せば、2017年の協和発酵キリンのコールセンタークスリで起こりうる副作用の想定の範囲(2017年12月5日のブログ参照)という言葉は、ここまでの事態であることを想定しての発言だったのでしょうか?

 

今後、新薬はまだまだ開発されて行きます。

治療者からの問い合わせに対して、コールセンターはもっと真摯な対応をすべきであると思います。

クスリなのだから、副作用はやむを得ないというビジネス的観点を優先した発言であったのではないでしょうか?