Psoriasis diary

This blog is a blog that wrote my own thoughts if I think that the writer during psoriasis vulgaris treatment will be helpful. It is not related to pharmaceutical companies, medical institutions, pharmaceutical institutions. It is a record of symptom impr

医師の引き際

f:id:otezla:20190416142515j:plain

前、乾癬の主治医が、退職して、二週間

病院のホームページからも消え、その医師の乾癬の記事も消えた

もともと、この医師に辿りついたのは、父の大学時代の親友であった皮膚科医の紹介で、もともとは大学病院の皮膚科にいらした

 

連絡を取った時には、もうその大学病院はとっくに定年をして、大きな病院に勤務したのち、ご自宅の近くの皮膚科でアドバイザーとして、月1回で勤務されていた

それまで、いろいろな皮膚科にかかり、そこからの紹介状で、某大学病院の皮膚科にかかるも、症状が改善されず、どうしようもなくなり、父に友人に電話してもらったという経緯

その父の友人の医師の紹介で、直接、電話をしてもらい、前主治医に辿りついたという次第

 

その医師(父の友人)は、学会誌(日本国外も含む)などに、乾癬の記事が掲載されると必ず送付してくれ、度々、直接電話を頂いていた

 

無償のセカンドオピニオンを持っていたような感じで治療に当たってもらっていた

父よりも早く、その先生は先立たれ、皮膚科は、難しかったなあ!と最後に仰っていたのが記憶に残っている